ぺちゃくちゃシアター

映画やバラエティ番組(主にイッテQ)の感想や考察のブログです!

#10 X-MEN:ファイナルデシジョンの評価と感想 ~X-MEN祭り自主開催中!3作目!!これでいったん完結?~

こんにちは、ねごぽんです。

 

今回はX-MENシリーズの3作目「X-MEN:ファイナルデシジョン」です! 

 

それではまずはこれまで公開されてきたX-MENシリーズのおさらいです。

 

1.X-MEN(2000年)

#6 X-MENの評価と感想 ~え?まだ見てなかったの?って思われても仕方ない。シリーズの時系列が複雑らしいけど黙って公開順に見れば大丈夫でしょ!~ - ぺちゃくちゃシアター

2.X-MEN2(2003年)

#8 X-MEN2の評価と感想 ~自主開催「X-MENシリーズ祭り!」2作目!!~ - ぺちゃくちゃシアター

3.X-MEN:ファイナルデシジョン(2006年)←イマココ!!

4.ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年)

5.X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年)

6.ウルヴァリン:SAMURAI(2013年)

7.X-MEN:フューチャー&パスト(2014年)

8.デッドプール(2016年)

#4 デッドプールの評価と感想~愛する人のために戦う悲劇の最低ヒーロー~ - ぺちゃくちゃシアター

9.X-MEN:アポカリプス(2016年)

10.LOGAN/ローガン(2017年)

11.デッドプール2(2018年)

 

ようやく3作目までこぎつけました!

でもまだまだX-MEN祭りは続きます!

 

評価

【評価】

 ★★★☆☆

1作目から続いてきた人類とミュータントの戦いにいったん終止符が打たれます。

1作目のワクワク感を超えることは難しかったようですが、結果的にはハッピーエンドで、終わり方としては文句の付け所はないかなと思います。

 

あらすじ

仲間を救い、死んだと思われていたジーンが生きていた。

 

ジーンを失って意気消沈していたスコットは一人でジーンが沈んだ湖に立っていた。

急に水面に巨大な渦が出現し、ジーンが現れた。

ジーンと再会したスコットは喜びに震えるが、ジーンによって殺されてしまう。

能力を解放して気絶したジーンをウルヴァリンが見つけ、恵まれし者の学園に連れて帰る。

そこでジーンは幼い頃にプロフェッサーにその底知れない能力の強さを見出され、プロフェッサーに能力をコントロールする術を授かっていたことが明らかになる。

その術とは、無理やり能力の一部を封印することであった。

しかしそれによって人格が2つできてしまい、ウルヴァリンたちがよく知る普段のジーンとは別に人格が存在し、フェニックスと名乗っていた。

フェニックスはジーンが本来使える能力をすべて有しており、マグニートー以上の力を秘めていた。

 

一方世間では、ミュータント治療薬「キュアー」が開発された。

キュアーはミュータントの少年リーチから作られていた。

彼は近くにいるミュータントの能力を強制的に無にすることができたのである。

ミュータントは病気で「治療する」ものだという政府の見解を受けて、ミュータントたちは憤りを感じていた。

そこにマグニートーの思惑が重なり、人間とミュータントの戦争が勃発しようとしていた・・・。

 

感想

今回もいくつか内容を分けて感想書いていきます!

 

ジーンの能力について(1作目から伏線あったよね)

2作目で仲間を救って命を落としたと思われていたジーンが生きていました。

ジーンは実はとんでもなく強力な能力者だったようです。

思えば、ミュータントはそれぞれ1つずつ能力を持っていましたが、ジーンは1作目から2つの能力を有するミュータントとして描かれていました。

その2つの能力とは、

 ・手を使わずに念じることで物や人を動かす能力

 ・テレパシー能力

 でした。

1作目の時点ではジーンが能力を2つ持っていることにたいして疑問を持っていませんでしたが、3作目への伏線になっていたんですね。

後になって「あれが伏線になってたのか~~~!!!」という発見があったときって興奮しますよね(笑)

逆に、「あ、これこの後の伏線になってるな」って気付くこともあって、それはそれで嬉しい発見だったりもします。

 

伏線には以下の2種類あると思っています。

 ・視聴者に気付かせるように張られた伏線

 ・気付かせないようにあとから分からせる伏線

こういうのを意図的に演出でコントロールできる監督さんは本当にすごいと思います。

そういう映画は面白いです。

 

次回作への期待

今作では、ミュータントの異常な遺伝子を正常に戻す(ミュータントから人間に戻す)薬が開発されました。

その薬によってマグニートーは能力を失い、X-MENとの戦いに敗れます。

最後のシーンでは、マグニートーは人間に交じって公園で一人でチェス盤を前に座っていました。

能力を失って抜け殻のようになったマグニートーが人間として生きていく姿を描いのかと思いきや!!

マグニートーがチェスの駒に手をかざしたその瞬間!!!

チェスの駒がわずかに動きました!

 

マグニートーは完全には能力を失っていなかったのか・・・

はたまた新たな能力に目覚めたのか・・・

 

いずれにしてもX-MENシリーズがまだまだ終わらない期待感を持たせてくれましたね。

 

まあ実際まだまだ新作がこの後も作られるわけですが(笑)

 

まとめ

X-MENファイナルデシジョンの評価

 ★★★☆☆

・よく考えられたシリーズ物だということが3作見るとよく分かる

・個人的には1作目が結局一番面白かった

 

そしてこれで映画感想10本目~~!

 

ほそぼそとちょっとずつブログを書いてきて、やっと10本目の記事です!

これかれも頑張り~す(*^▽^*)

 

以上、ねごぽんでした。